MENU
膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事 膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

愛犬が膵炎と診断されたら…膵炎のワンちゃんに良いフードを!

膵炎のワンちゃんは療養食での治療がほぼメインと言ってもいいですよね。
症状がひどくなると入院して点滴生活・・・となりますが、
ずっと入院させておくのは可哀想で、おうちに連れて帰る飼い主さんも多いでしょう。

 

でも、自宅での療養食ってとても悩みます。
獣医からすすめられたフードや手作りフードの食いつきが悪かったら、もうどうしたら良いのかわかりませんね。
なにをあげたら良いのか回ったそんな時には、犬心というドッグフードがおすすめです。

 

膵炎とはどんな病気?なぜ起こるの?

犬の膵炎とは、その名の通り膵臓(すいぞう)の炎症です。
糖分をエネルギーに変える臓器なので、糖尿病の併発なども心配な病気です。

 

なぜ膵炎が起こるのかと言うと、膵臓の働きが弱っている時に自分で膵臓を消化酵素で溶かしてしまうのです。
そのため、炎症がおこり膵炎になる・・・ということです。

 

今まで元気だったワンちゃんが突然なる急性膵炎もあります。

 

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎の犬専用の療養食

膵炎は低脂肪・低糖質の食事が基本です。
膵炎の犬のための療養食も低脂肪・低糖質でありながら、必要最低限の栄養成分が含まれたものを食べさせることになります。

 

愛犬が喜ぶような食材で飼い主さんが手作りしてあげられれば一番良いのですが、
元気な犬ならまだしも療養食となると食品の縛りも多く大変。

 

手軽に間違いない効果を期待するなら、ドッグフードをうまく活用していくことも大切です。

 

そんな時におすすめしたいのが「犬心」
低脂肪・低糖質なのはもちろんのこと、犬が大好きなフレッシュな生肉や生魚を利用したフードなので、
エキスを利用して臭いだけでごまかすフードとは違い犬の食いつきも栄養価も違います。

 

犬心の安全性は?

たとえ、膵炎の犬のために良いフードだとしても、それが安全性に問題があったら困りますね。
犬心を作っている会社は元々はキノコなど菌類の研究開発に携わっている会社です。

 

創業が1946年となんと70年以上の歴史のある会社ですから非常に安心できる企業であると言えます。

 

そして、この研究所は都会のビルで行われているわけでなく
自然に囲まれた中で実際に犬や猫と生活を共にしながら療養食の研究をしてきたそうです。
自然にこだわる会社が作った天然素材利用の安全なフードと呼ぶことができるでしょう。

 

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎は再発に注意!治っても食事はずっと気をつける

膵炎という病気に一度なったことがあるワンちゃんをお持ちの飼い主さんなら、
獣医さんが注意を受けていると思いますが、膵炎は非常に再発率が高い病気です。

 

急性膵炎にかかり、一度は完治しても以前と同じ食事に戻すと
今度は慢性膵炎として再発することが多いので注意が必要なんです。

 

膵炎に一度かかってしまったワンちゃんなら、病気の治療として療養食は大切ですが、
一度治った後の予防としてもその後の食生活に療養食を続けることをおすすめします。

 

糖尿病など他の病気との併発も心配な膵炎。
二度と愛犬を苦しませないためにも、長く食事療法と付き合っていくことが大切。
その点でも、飼い主さんの負担を少しでも減らす市販の療養食(ドッグフード)をうまく利用していきましょう。

 

膵炎の犬の食事で気をつける4つのこと

ドッグフードばかりでは犬も可哀想。
自分の手作りフードと合わせて食事療法を続けていきたいという人のために、膵炎の犬の食事の注意点を見ていきましょう。

 

(1)低脂肪の食事

膵炎の予防・治療のための食事で一番抑えておきたいのが、この低脂肪の食事です。
ここで注意しなければいけないのが、悪質な脂肪分です。
一般的なドッグフードには出来るだけコストを下げる目的でこの脂肪の質が良くないものが多いです。
「良質な生肉を使用したり、魚類からオメガ3脂肪酸を摂取」すると良いでしょう。

 

(2)低糖質の食事

膵炎の犬は糖尿病を併発する確率が非常に高いというお話をしましたね。
同じ膵臓に関係する病気ですので仕方ありません。

 

糖尿病を防ぐためにも、食事の糖質には気をつけてあげたいものですね。
「炭水化物や糖分が多くならないよう」しっかり食材を厳選してあげてください。

 

(3)良質なタンパク質

タンパク質は体を作る上では欠かすことが出来ない栄養素です。
タンパク質が減ると筋肉量が減りワンちゃんが元気がなくなったり、すぐに怪我をしやすくなったりしてしまいます。

 

膵炎の犬に与えるには消化の良い良質なタンパク質を選びましょう。気をつけなくてはいけないのは、小麦の使用です。
小麦のグルテンはタンパク質の中でも粘性が強く犬には消化しづらいものです。「小麦フリー」な食事を心がけましょう。

 

(4)腸の健康のための食物繊維

腸の健康は愛犬の元気な生活のために気をつけなくてはいけないことのひとつ。
特に膵炎のワンちゃんは腸で分泌される膵液の働きもにぶくなりますので腸に負担がかかっていることも多いのです。
健康な犬よりも更に腸のための食物繊維には気をつけてあげてください。

 

食物繊維といえば、緑黄色野菜などをイメージする人も多いでしょうが、犬にとって緑黄色野菜の食物繊維は硬すぎて向きません。
膵炎の犬には、「穀物類などからの食物繊維」を与えることが理想的です。

 

膵炎のフードには犬心がおすすめなのも以下のポイントをしっかり抑えたフードですので、フードを選ぶ基準としてもお役に立てることと思います。

 

犬心は、以上のポイントをしっかり抑えたフードですので、膵炎のときに食べさせるのに最適なんです。

 

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

療養食は品質が大事!犬心の品質

療養食を与えて健康に害があったら何の意味もありません。膵炎の犬へのドッグフードは品質がとても重要になってきます。
まずは、膵炎の犬用フード選びのポイントを見ていきましょう。

 

  • 良質で低脂肪
  • 糖質控えめ
  • 腸内環境も考えられている

 

膵炎に限らず糖尿病や肥満で健康が心配なワンちゃんには、この3つのポイントは外せませんね。

 

まずは犬心の原材料一覧を御覧ください。

 

膵炎の犬のためのフード 犬心の原材料

牛・馬・鶏の生肉、各種生魚、魚粉、玄米、大麦、さつまいも、じゃがいも、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

犬心の主原料は新鮮な生肉や生魚。廃棄するようなくず肉や肉とは名ばかりの肉エキスをデンプンに混ぜた物とは違います。
また、糖質とえば炭水化物。膵炎の犬には与えてはいけない小麦を全く使用していないので、安心して与えることができます。
さすが7大疾患の犬のためのフードと謳っているだけのことはありますね。

 

犬心の口コミは・・・

安心できる会社の商品で原材料が良くても、実際に病気の犬に対して効果がなければ意味がありませんね。
利用者の口コミも大切なフード選びのポイントとなります。
どのようなときに使ってみたのか、食いつきや使ってからのワンちゃんの様子なども、チェックしてみましょう。

 

食いしん坊の愛犬が食欲がなくお腹を気にしている様子を見せ「おかしいな」と思っていたところ突然の嘔吐。何度も繰り返したので慌ててかかりつけの獣医に連れて行った所急性の膵炎と診断されました。すぐに入院して点滴を続けたところ治りましたが、再発の恐れがあるということで、食事には気をつけてという指導を受けました。そこで犬心の存在を知り食べさせてみることに・・・。うちの子には合っていたのかとっても喜んで食べてくれています。・・・ミニチュアシュナウザー5歳のママ

 

愛犬が慢性膵炎と診断されたのはうちの子が2歳の頃。手作りフードなど工夫をこらした食事療法で何とかがんばってきましたが、糖尿病を併発してしまった時には膵炎の勧告を受けた時よりもショックでした。手作りフードでがんばってきたのにという気持ちが強かったですね。もう自力だけではダメだと思い、市販の療養食フードに頼ることにしました。私が選んだのは口コミ人気が高かった犬心です。食事管理が簡単に出来てとっても助かっています。愛犬の様子も生き生きしてきて感じられるようになってきました。・・・ジャーマンシェパード7歳のママ

 

膵炎・糖尿病・高脂血と併発してしまって、一時は「もうダメかも知れない」と諦めたこともありました。でも、犬心を与えはじめてから便が落ち着いてきて体力が回復してきたと感じます。うちの犬には合っていたと思います。愛犬が元気になったことで家族全員に笑顔が戻ってきた気がします。・・・シュナウザー8歳のママ

 

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

犬心のコスパは?

膵炎の犬にとっては大切な毎日の食事。
これからずっと続けていくことを考えるとあまりコストが高いと続けるのも大変になってきますよね。

 

その点、犬心なら1日のフード代金は216円です。
1食あたり108円で済むのはとっても経済的ですね。

 

新鮮な材料を毎日購入して手作り療養食でがんばっている人でも、
「今月はちょっとお財布が厳しいな」と感じた時には犬心と併用することで膵炎の犬への食事代を健康的に節約する事ができます。

犬心を安く購入するには

療養食は毎日続けることに意味があります。
病気の時だけでなく、予防の意味でも糖尿病の予防のためにも犬心を与え続けたい。

 

そのためには、少しでも安くするために定期購入をおすすめします。
単品で買うよりも価格が安いだけでなく以下のような特典が用意されています。

 

  • 1.最高11,500円割引の特別値引き価格
  • 2.送料無料サービス
  • 3.選べるお届けサイクルが便利
  • 4.休止や再開も自分のペースで決めることが出来る

 

犬心の消費期限は1年です。無添加フードなのに、長期保存できることに着目して、
多くの人が月単位ではなく、数ヶ月単位でまとめて購入してフード代を節約しています。
3番のお届けサイクルを選べるシステムを上手に使いこなしているんです。

 

小型犬の飼い主さんも一番大きなパックを購入して、多くの割引をしてもらうことで更にお得に活用しています。

 

犬心は特殊加工のアルミ袋と食品用脱酸素シートで品質劣化の心配もありません。まとめ買いに適していると言っても過言ではありませんね。

 

お届けサイクルの変更を利用してまとめ買いをすれば1食あたりのフード代を82円まで下げることも可能なのです。

 

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

まとめ

愛犬が膵炎と診断されたら、治すためには病院で治療を受けることが大切です。
しかし、一度膵炎が回復しても、多くの犬が再発や慢性化に苦しんでいます。
それを避けるためには、毎日の食事の見直しが必須だということがわかりました。

 

犬の健康を考えた犬心なら、低脂肪で高品質の油を使用。
糖分のこともしっかり考えられており、栄養バランスも取れています。
膵炎だけでなく、糖尿病やメタボなワンちゃんのための療養食として多くの飼い主さんに選ばれています。

 

長く付き合っていかなければいけない膵炎の治療と予防だから、公式サイトの定期購入で少しでも安く健康的なフードを与えてあげたいですね。

更新履歴

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事

膵炎,犬,フード,ドッグフード,食事
このページの先頭へ